本文へジャンプ 平成22年7月5日 

     

2010.04.08

電子版会報の利用アンケートの実施について

ホームページ委員会/松九会事務局

  1.背景

  1)インターネット利用者の会員が増加(地区により5割〜7割)
   ネットで松九会HPを閲覧している会員が増加している。

  2)会社の社内報廃止により、松九会会報の送付費用負担が増加している。

     (2009年度実績 :60万円 / 2010年度予算 :110万円)
      3)2010年1月 会報78号(新年号)より、電子版会報を松九会HPに掲載した。

  4)電子版会報のメリット

         1、 現行の会報誌が自宅へ届く時期より1週〜2週間早く閲覧できる。

         2、 過去の会報も同様に閲覧できる。

         3、 電子版会報はデジカメ写真1枚分容量ですので、簡単に自分のパソコンにコピーして保存できる。
    4、写真はカラーで見やすい。

 5)一部の会員から松九会HPで閲覧できるので、現行の会報誌は要らないとの意見がでている。  

 

 

  2.アンケートの内容

  1)現行の会報誌の送付希望

    インターネットを利用されていない方、利用していても会報誌が欲しい方には会報誌を送付します。

  2)現行の会報誌の送付は不要

           電子版会報を利用するので会報誌の送付は不要。

         その時はHP掲載の案内(新着情報)をメールで連絡します。

            但し、議案書やチラシなどは全員へ送付します。

 

  ≪ホームページ閲覧への変更の効果≫

    約500名がHPの電子会報を利用して紙の会報の送付を廃止すると、
         年間60万円程の経費が削減されます。


  今後のすすめ

  1)地区総会でのアンケート実施

  2)7月全体幹事会で検討

  3)その結果を踏まえて、2010年度後半よりの実施を検討
  4)会報83号より、松九会HP上で閲覧するので紙面の会報は不要の方は送付を停止します。